亀みたいな虫!ヨツモンカメノコハムシ

最初の印象は、なんだこれ?で、 虫だと知って驚きました。

この子は、もともと熱帯アジアにいる虫で、今は日本に定着したけど、外来種のようです。

サツマイモの葉やアサガオの葉を食べる害虫。

最初見たとき、アサガオの葉っぱに止まっていました。

害虫ですが、見た目も動きも亀にすごーく似てて、 顔も可愛い子でした。

顔が可愛すぎる害虫(クロウリハムシ)

部屋の網戸から覗くクロウリハムシの顔が可愛いすぎました。

ちょっと口角上がったりして?

ウリ科の植物が大好きらしく、家庭菜園する我が家にとっては害虫になるのですが。

顔が可愛いくて…許せちゃう…。

当ブログでは、ユリクビナガハムシとこのクロウリハムシという「ハムシ」を紹介していますが。

調べた所、ハムシはカブトムシの親戚であり、コガネ虫やてんとう虫の遠い親戚にもあたるそう。

黒い背中の甲羅がカブトムシに似てるし、表情や仕草、愛らしさはてんとう虫にも確かに似てますね。

虫や害虫を毛嫌いしていた私ですが。

よーく見ると、可愛い顔している虫が多くて、親しみがわいてきます。

可愛いすぎるクロウリハムシの動画をペタッと貼っておきます。

ユリを食べるユリクビナガハムシ

鮮やかな朱色の虫と出会いました。

これは、「ユリクビナガハムシ」という虫で、ユリだけ食べる偏食虫です。

我が家の裏庭にも、ユリが成長中なので、狙ってきてるのかもしれません?

ユリクビナガハムシの幼虫の方が成虫よりもいっぱい食べるそうです。

面白いのが幼虫は、自分の糞で身を包んで守っているようです。

見た所、糞ぽいのはなかったので、今の所大丈夫だけど。卵があるかもしれませんね?要注意。

ユリを育てる人にとっては害虫で嫌われ者ですが。

観察すると、前足ダンス?ぽい事したり動作がとても可愛いです。

そして、沖縄・北海道にはいないらしく、地域限定の結構珍しい存在です。

そんな動作の可愛いユリクビナガハムシの動画をペタッと貼っておきます。