トンボの面白い模様、動き(2020年総集編)

夏と秋に、たくさんの種類のトンボと出会いました。

そして、トンボの首をかしげる仕草やおもしろかわいい顔にすっかりハマってしまいました。

この答えはまだわかりません。どなたかご存知の方、いらっしゃったら教えてください。

今回の動画は、以前あげた動画とかぶりますが、時々見て自分を癒したくて、面白いシーンをまとめました。

頭が色んな動きをするトンボ

裏庭で、頭の動きが面白いトンボを見かけました。

アイーン?みたいな動きしたり、ハエみたいにクルクル顔が動いたり、うなずいてる感じだったり、頭をプイッとしたり、首を傾げる感じだったり…

面白くて見てて飽きません。

比較的小さめのトンボで、どの種類か調べてみてもわからなかったです。

黄色ではないのですが、ウスバキトンボに似てるような感じでした。

ちょび髭みたいな赤いトンボ(マユタテアカネ)

9月頭に油山で出会いました。

赤いトンボ、アカネ属のトンボです。

「マユタテアカネ」というトンボでした。

トンボは、種類が豊富で、似たようなのもいて、名前を調べるのに苦労しますが。

この子の場合は、わかりやすかったです。

顔に特徴(ちょび髭みたいな眉状斑)があり、胴体が赤い。

夏の間は青いトンボや黄色いトンボを目にしましたが、最近は赤いトンボが目にとまります。

秋の気配を感じました。

 

黄色いトンボ(ウスバキトンボ)の食事

油山で、黄色いトンボと出会いました。

調べてみると、ウスバキトンボというトンボのようです。

この子は飛んで目を離したすきに、いつの間にやら捕食しておりました。

トンボの目は大きく、動体視力が優れているそうです。昆虫界でトップクラス!

そして、その動きは、獲物が動いて「反射的に動く」のではなく、獲物の動きを「予測して動く」という事がわかってきたそうです。

予測って…脳を使ってるって事に繋がります。

虫の世界も常識を覆すような事があるかもしれません。謎に満ちています。

そして、他にもびっくりすることを発見しました。この写真からわかる人もいるかな?

続きは、動画でどうぞ。

人なつっこいトンボちゃん

とある山の広場で、シオカラトンボ、サナエトンボと出会いました。

トンボは秋の虫と思っていたら…春も結構見かけました!ベンチや手すりによく止まってます。

トンボの一生を調べてみたら…

卵→幼虫→成虫→交尾と産卵→死 を1年かけるものもいれば、

1年に2世代を繰り返すものが大部分、

3年5年7年繰り返す種類もいるそうです。幅広いですね。

手を伸ばしたらサナエトンボが乗っかってきました!

調べてみたところ、複眼が離れているのがサナエトンボの特徴みたいです。

とってもユニークな顔しています。お口?見事なタラコちゃん。 トンボって人なつっこい^ ^

その動画をペタッと貼っておきます。

近くにある川の水流の音や小鳥のさえずりがトンボのBGMになって癒されます。