軽やかなキツツキ音、コゲラ

いつもの油山へ行きました。

めっきり寒くなったからか、虫たちとはほとんど会えません。

ちょっと寂しいのですが、可愛い鳥が木をつついてるのを見ました。

調べてみると、コゲラという鳥。 耳をすませば、軽やかにリズミカルに木をつついています。

巣を作っているのかな?

“軽やかなキツツキ音、コゲラ” の続きを読む

命がけの網渡りをするクダマキモドキ

時々見に行く鯉の池を眺めていたら、何やら苦戦しているクダマキモドキがいました!

池の上に網が張られてあり、どういうわけか、その網にクダマキモドキがハマってしまったようです(>人<;)

落ちそうになりつつも力尽きつつも、なんとか起き上がり渡りきろうとしています。

その姿が、まるで、命知らずのチャレンジャーに見えました。

過去動画の挑戦するカマキリ、「カマキリ、七転び(落下)八起き」に通じるものを感じ、動画を撮りました。

虫なんて、種類が一緒ならどれも同じでしょ?と今までの私はそういう風に見ていましたが…

カマキリに続き、同じ虫の中でもひょっとしたら、個性が色々あるのでは?と思った動画の1つです。

このクダマキモドキの個性は、挑戦魂をもつ虫ですね。

残念ながら、時間の都合上、そのクダマキモドキが最終的にどうなったかは撮ることができませんでしたが…

過程を見て、結果は想像に任せるのも面白いかな?と思いました。

カマキリの卵鞘(2020)

12月になり、ほとんどカマキリを見なくなりましたが、2匹、裏庭と近くのガードレールで見かけました。

寒い中で生きてる!と嬉しく感じました。

そして、今年は裏庭では、色んな所に卵鞘がありました。

朝顔の所では、セスジスズメガをおどり食いしたチョウセンカマキリが卵鞘を残したのかな?

最期を見せてくれたコカマキリの卵鞘はどれかな?

産卵シーンを見せてくれたオオカマキリの卵鞘は猫ちゃんにイタズラされないよう隠して保管して置こうとか…

カマ子やカマ美の2世も産卵したのかな?とか色々考えたりしてます。

来年の4〜5月位に孵化するまで、楽しみに待っていようと思います。

トンボの面白い模様、動き(2020年総集編)

夏と秋に、たくさんの種類のトンボと出会いました。

そして、トンボの首をかしげる仕草やおもしろかわいい顔にすっかりハマってしまいました。

この答えはまだわかりません。どなたかご存知の方、いらっしゃったら教えてください。

今回の動画は、以前あげた動画とかぶりますが、時々見て自分を癒したくて、面白いシーンをまとめました。