フンにたかるキンバエがフンをした。

キンバエ(銀バエ)がフンをしているところを撮りました。

フンや死骸にたかって衛生害虫と言われるキンバエですが…

そんな習性とは違い、見た目はメタリックな色で綺麗といれば綺麗かも?

ハエはいろんな所見かけますが、約3000種類いるそうです。

ハエは毛嫌いされていますが、益虫としての役割もあり、その役割の内容に驚きました。

マゴットセラピーというものがあります。

マゴットとはハエの幼虫のウジでのこと。

マゴットセラピーとは「幼虫が動物の壊死組織(腐敗組織)だけを摂取する性質を利用し人体の難治性創傷を治療する方法ーバイオセラピーメディカルより引用ー」。

足の壊疽や火傷や床ずれなどによる重度の炎症に使われる治療法ということです。

サイトを見てかなり閲覧注意な内容でしたがすごいです。

この世に存在するものは全て重要な役割を持ってるんですね!!

そんなハエの仲間であるキンバエのフンをした動画をペタッと貼っておきます。これもプチ閲覧注意です!!

形も模様も古代的「ヒメハリカメムシ」

古代の幾何学模様的なカメムシと出会いました。

逆三角形で、カッコいい〜!

こういうデザインの壁画とかレリーフとかみたことあるような懐かしいような…

調べてみると、ホソハリカメムシにすごく似ててもしかするとそちらかもしれないけれど??

(不確かでごめんなさい)

カメムシは臭い匂いを発するからか?天敵があまりいないそうです。

なので大量発生するし農作物にとってはまさに害虫です。(稀に益虫もいるが)

虫界でも人間界でも嫌われ?なカメムシですが。

見た目は可愛い子やかっこいい子、模様が面白い子など色々います。

観察するには楽しいね。

そんな嫌われ者のかわいい子の動画をペタッと貼っておきます。

白いモフモフ蛾「オオミズアオ」

白いぬいぐるみのような蛾に出会いました。

白の中に薄い水色がはいってとても綺麗!!

調べてみるとオオミズアオという名前でした。

ふさふさモフモフの毛。温かそう♫

この子は触覚の形からして、メスのようです。

こんな愛くるしい姿を見れるのもかなり短い期間のようです。

成虫になって寿命はわずか1週間!!

そして成虫の時は口が無いそう!!

なので食べ物を食べる事なく、わずか1週間の間で交尾し卵を産んで死んでいくそうです。

他の蛾も調べてみたら、成虫になるとやはり寿命は1週間から10日だそう。

苦手な人が多いとされる蛾だけど。

そういう寿命や生命の事を知ったら…なんだか考え深いものがあります。

あ!毒を持った蛾には注意が必要だとも知りました。

チャドクガという蛾。わかりやすいネーミングw。

痒みを伴う皮膚炎になるそう。

最近虫に興味が湧いて、触ったりしてしまうので…気をつけておこう。

ここでは愛くるしいオオミズアオの貴重な成虫期間に出会った動画をペタッと貼っておきます。

サナギから出てくるょ(てんとう虫)

サナギから、てんとう虫が出てくる!!

待望のシーンが見れました!!

前回、ブログに載せたてんとう虫は、5日サナギ状態で、成虫になりましたが

この子は1週間サナギ状態でした。

動画に撮れたのでここでペタッと貼っておきます。

バンザーイな美しいクモ「アオオビハエトリ」

テンションアゲアゲ〜なクモと出会いました。

ビロードみたいな青いオビ模様のある美しいクモです。

アリを食べるそうで、姿もちょっとアリに似てます。

とにかくちょこまかバンザイしながら忙しく動き回って笑える。

そしてこの子の顔も、カワイイです。

ピンボケしてますが…キョトンとする眼差しがたまらん。

ハエトリクモもたくさんの種類がいるんですね。

2匹が出会うシーンも撮れました。

おそらく、オスとメスです ( ´∀`)

動画で見れます。

カマキリの妬み?

不思議な光景を見ました。

こういう子もいるんだ〜?と。

カマキリは他のカマキリの食事を邪魔するイメージはあまりなかったのですが…

お腹すきすぎてイライラして

妬んだあまりこんな事しちゃったのかな?

それとも単に敵だと思ったのかな?

虫の世界も不思議がいっぱい。

カマキリの赤ちゃんも、しっかり威嚇したり怒ったり?してます。

ガラクタを背負う変な虫、クサカゲロウ

さて、どこに虫がいるでしょう?

答えは、↓↓↓

この黄色の丸の中です。

初対面は「なんじゃこりゃ?」とびっくりする虫でした。

色んなガラクタ?ゴミ?を背負った物体がちょこまか動いていました。

擬態力半端ない!! けれど、動きすぎてて、天敵にすぐバレそうw。

調べてみると、クサカゲロウの幼虫のようです。

成虫は薄い綺麗な緑色で、この幼虫とは全く想像つかないお姿。

成虫の場合、胸から臭いにおいを発するのが数種類いることから、臭蜻蛉と書くようです。

そして、たくさんのアブラムシを食べてくれる益虫です!!嬉しい〜。

しかし、マタタビの葉も食べるそうなので、マタタビを育ててる所は害虫になっちゃいますね。

そんな、クサカゲロウの幼虫の動画をペタッと貼っておきます。

カマベビの1回目?の脱皮

カマベビ(カマキリの赤ちゃん)が誕生して約2週間後、脱皮殻を見つけました。

脱皮後は一回り身体が大きくなったようです。すくすくと育ってくれてます。

個人差があるみたいで、普通は生後2週間くらいに1回目の脱皮があるようですが。

しっかり食べている子は生後1週間くらいで1回目の脱皮があるそう。

複数観察していると、身体の大きさにも少し差が出て来たような気がします。

脱皮も失敗が多いようで、片足が短かかったり変形したりと…。これも命がけですね。

この子達は成功したのかな?ぱっと見成功したようには見えます。

そして、今日は1日中雨で、風も強かった。

カマベビが無事でいてくれる事を願うけど。。。

まだ小さいうちは天気もかなり影響するね。脱皮といい天気といい天敵といい、常にサバイバルです。

脱皮殻の動画をペタッと貼っておきます。

観葉植物と蛾

ある日の夜、蛾が部屋に入って来て、観葉植物にピタッととまりました。

以前は部屋に入ってきた蛾は、「ウワっ、蛾だ!シッシ」としてましたが。

虫に興味を抱き始めた今、よーくみると可愛いし模様も面白い。

観葉植物とマッチしています。

緻密画は苦手ですが、絵を描いて残しました。

この子を思いでに動画をペタッと貼っておきます。