強烈に臭い?マルカメムシ

小さくてコロコロしたカメムシがいました。

丸っこいから?マルカメムシと言います。

クズの葉に集団でついてるそうです。

この子は1匹だけでした。

小さいにも関わらず、強烈な臭さだそうです(まだ嗅いだ事ないけど)。

あのよくいる緑のカメムシも強烈だけど、それ以上??

途中蜘蛛と遭遇し対決?するシーンがちょっと面白い↓↓

少しずつ虫たちを知り始めてきましたが

虫によっては常に動き回っているものもいれば、のんびり動くものもいて…

性格というか習性というか色々あって面白いです。

この子はわりかしのんびりマイペース君かな。

動画もペタッと貼っておきます。

眼差しがカワイイ、マダラチョウ

シックな柄のマダラチョウが裏庭にやってきました。

最初はブロック塀にいたのですが、後日来た時は(模様も全く同じなので同じ蝶かな?と勝手に思ってる)、ずっと地面をはっていました。

調べてみると、地面にいるのは、どうやら蝶の吸水行動のようです。

しかもほとんどが、孵化した後のオスがとる行動のようです。

まだはっきりとはされていませんが、体温調整と栄養成分補給の為なのでは?という説が出ています。

このマダラチョウは、好奇心旺盛なのか?こちらに近づき、じーっと見つめてきました。

少し人懐っこい感じがしました。

そういえば、家庭菜園の葉野菜に卵を産むためか?モンシロチョウもよく見かけるのですが、

手ではらってもまとわりついて来ます。

蝶は他の虫たちに比べて、なんとなく人間に慣れている感じがしますw。

マダラチョウのカワイイ眼差しの動画を撮りました。

王様みたいなハエ?ヒラタアシバエの仲間

とっても小さいのですが、王冠かぶって武装したような強そうなハエと出会いました。

調べて見ると、ヒラタアシバエの仲間のようです。オドリバエにも似ています。

お目目が赤いです。

複眼が離れているのでメスのようです。(オスは複眼が接しているらしい)

とても美しいハエです。

頭が回転するのにびっくりしました。

泰然自若で気品のある王様バエに思えました。

メスだったら、王様よりも女王様かな?

そんなヒラタアシバエの動画をペタッと貼っておきます。

ユリを食べるユリクビナガハムシ

鮮やかな朱色の虫と出会いました。

これは、「ユリクビナガハムシ」という虫で、ユリだけ食べる偏食虫です。

我が家の裏庭にも、ユリが成長中なので、狙ってきてるのかもしれません?

ユリクビナガハムシの幼虫の方が成虫よりもいっぱい食べるそうです。

面白いのが幼虫は、自分の糞で身を包んで守っているようです。

見た所、糞ぽいのはなかったので、今の所大丈夫だけど。卵があるかもしれませんね?要注意。

ユリを育てる人にとっては害虫で嫌われ者ですが。

観察すると、前足ダンス?ぽい事したり動作がとても可愛いです。

そして、沖縄・北海道にはいないらしく、地域限定の結構珍しい存在です。

そんな動作の可愛いユリクビナガハムシの動画をペタッと貼っておきます。

ナナホシテントウの幼虫に出会いました!

先日は、畑でナナホシテントウの成虫を見たのですが。

後日、うちの裏庭で、幼虫と出会えました!

↑幼虫と成虫のコラボ!

成虫と幼虫は見た目はぜんぜん違うのですが、すばしっこい動きやアブラムシを食べるところは同じです。

ナナホシテントウは、完全変態の昆虫なので、こんなにも変態するんですね。

卵→幼虫→サナギ→成虫の期間は20日間ということなので、この幼虫も来月には成虫になり動き回っているでしょうね。

オスとメスの見分け方を調べたら、全体の大きさと、お尻の特徴でわかるようです。

オスはメスよりも小さく、お尻にくぼみがあります。

たまたま、この成虫のお尻が撮れました。どうもオスのようです。お尻も可愛いです。

動画をペタッと貼っておきます。